「生きるちから」 人工の鼻 につけるカバー


母が作った人工鼻のカバー 自作のものをよく写真に撮らせていただいています。

表に見える部分をかわいい布でカバーし、首にひもで固定しています。


この作品の紹介をしながら、コミュニケーションの話


呼吸を楽にするためなど気道に穴があり、そこに人工の鼻を付けているお子さんがいます。


気管に穴があって、そこから空気を出し入れしているため、口から声がだせない。


私が急に声が出せなくなったとしたら・・・落ち込む・・・


こどもは落ち込んでなんかいられない。母に気持ちを伝えようと、一生懸命になります。

声がだせない代わりに表情・身振り手振り、感情表現がとても豊か


「できなければ、やり方を工夫したり、懸命になったり」


これも生きる力


友達がお話しているのを見て感じて、この子は何をおもうのだろう?


その子の良いタイミングで、コミュニケーションの支援をしたいと思う

この頃です。




 

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日、こども病院で研修させていただいた。障がいも重く医療依存度も高いという状態像のお子さんは10年前よりも少ない印象だった。 ただ、だからこそ新しい医療や福祉を必要とするこどもと家族がいる事も認識した。 乳幼児期から医療的ケア児支援に福祉が関わっていく事は福祉の報酬やご家族のニーズ、情報不足から難しい状況。 でも ひとつの方法が見つかった。 早くから医療的ケア児コーディネーターと 発達支援が関われ

来週、急性期こども病院へ医療的ケア児等コーディネーターとして研修をさせていただく。 医療ケア児のために 福祉が乳児の頃から医療と関わっていくための機会を切り開いていくことが目的です。 しかし、その早い時期に福祉の需要や見合った報酬が無ければ、難しい話です。 でも、今日 発達支援という目的で 福祉が医療に早くから関われる手段が 見つかりました。 実現に向けて動きだします!